MENU

脇脱毛後の毛穴の黒ずみ対策法

毛穴の黒ずみ対策方法

 

脇の脱毛した後に毛穴が黒ずみになってしまう場合があります。

 

せっかく脱毛したのに毛穴が黒くなって、見せられないような肌にはなりたくないですよね。

 

では、毛穴が黒くならないようにするには同意したらいいのでしょうか。

 

また、毛穴が黒くなってしまった時はどうやって治したらいいのでしょうか。

 

脇の脱毛によって毛穴が黒くならないような対策と、なってしまった後の対策について今回は書いていきます。

 

脇の脱毛後の毛穴の黒ずみ対策について

脇の脱毛後にそのまま放置している人も多いことでしょう。

 

しかし、脇の脱毛した後に脱毛した箇所をそのまま放置しては毛穴の黒ずみの原因になってしまいます。

 

なので、脇の脱毛の後に毛穴が黒ずみにならないようにするには丁寧なケアが必要になります。

 

例えば、保湿クリームを脱毛した箇所に塗ったり、蒸しタオルを当てて毛穴を温めたり、日焼けを避けて、肌が出ないような服を着ることが大切です。

 

また、元から黒ずみができていたのに、脱毛サロンに通い始めたら、治ったという場合もあります。

 

脱毛サロンに通う前は普通だと自分で剃って処理をしています。

 

そのカミソリによる処理も肌を傷つけることになるので黒ずみができる原因になります。

 

脱毛サロンの場合は月に1度しか脱毛しないので肌を傷つける回数も減ります。

 

なので、黒ずみが減るのです。

 

脇の脱毛後に毛穴が黒くなってしまう理由

では、なぜ、脇の脱毛した後に毛穴が黒くなってしまうのでしょうか。

 

それは先ほども少し触れましたが、肌を傷つけることによって、黒ずみができてしまうのです。

 

肌はメラニンという要素が含まれています。

 

そのメラニンが脱毛によって、崩れてしまうことによって黒ずみができてしまいます。

 

なので、できるだけ、肌を刺激しないように脱毛した後はアフターケアをしっかりと行いましょう。

 

そうすることによって、黒くならなくなります。

 

まとめ

脇の脱毛した後に毛穴が黒くなる原因について知っていただけましたか。

 

脱毛した後に黒くなるのは脱毛後の肌のケアを怠っているからです。

 

肌を傷つけることによって、ケアも何もしないとメラニン要素が排出されて、黒ずみの原因となってしまいます。

 

なので、黒くならないようにするためには保湿を行ったり、肌を出さないようにしましょう。

 

日常的にケアを行うことによって、黒ずみにならなくなったり、黒ずみが治ったりします。

 

脱毛の後に黒くならないようにこの記事を参考にしてみてください。