毛抜きで脇脱毛をするのは良い?悪い?

毛抜きを使った脇脱毛

 

脇の脱毛にも様々な種類があります。

 

「脱毛サロンに行く」「カミソリで剃る」「家庭用脱毛器を使う」「毛抜きで抜く」など様々です。

 

では、この中でも家庭で簡単にできて、毛が生えるまで時間がかかるのが毛抜きでの脱毛です。

 

しかし、毛抜きの脇の脱毛はずっと脇を見ながら、腕を上げて抜くので疲れてしまいます。

 

では、脇の脱毛を毛抜きで行うというのは良いことなのでしょうか?それとも悪いことなのでしょうか?

 

今回は、毛抜きで脱毛をするのは良いのか、悪いのかについて書いて行きたいと思います。

 

毛抜きで脇の脱毛するのは良い?悪い?

毛抜きで脇の脱毛するのはかなり大変ですがお金をかけることなく、カミソリよりも長い間、毛が伸びることがないのでよくやるという人も多いのではないでしょうか。

 

しかし、毛抜きで脇の脱毛するのはオススメできません。

 

細かいから数本なら大丈夫だろうと思って抜く人もいるかもしれませんがそれもやめたほうがいいでしょう。

 

また、毛抜きで抜くというのは少なからず「痛い」ですよね。

 

痛いというリスクを冒してまで、毛抜きをする必要もありません。

 

毛抜きが脇の脱毛方法でオススメできない理由とは?

毛抜きがオススメできない理由としてはいくつかあります。

1、 埋没毛の原因になってしまう

埋没毛というのは、抜いたことによって、途中で毛が切れてしまって、肌の中に残ってしまうことをいいます。
埋没毛になってしまうとうまくけが生えなくなってしまうことがあるので注意が必要です。

2、 毛穴が目立ってしまう

毛抜きは無理やり、毛を抜いているので毛穴が閉じにくくなってしまいます。
そうすることによって、毛穴が傷ついてしまうのです。

3、 シミになってしまう場合もある

毛抜きは先ほどもお話したように毛穴や肌を傷つけています。
なので、その傷ついた部分がシミになったり、黒ずんでしまったりします。

 

 

このように毛抜きは簡単そうに見えて、リスクも少ないような感じがしますが実際は全く違います。

 

毛抜きで脇脱毛をするのは肌にとても悪いのです。

 

なので、やはり、脱毛を行うのなら脱毛サロンでしっかりケアをしてもらいながら行うようにしましょう。

 

まとめ

毛抜きで脇の脱毛するのは良いのか、悪いのか知っていただけましたか。

 

いくら、簡単に脱毛できるからといって毛抜きで脱毛を行って、肌を悪くしては意味がありません。

 

なので、できるだけ毛抜きでは脱毛しないようにしましょう。

 

毛抜きで脱毛する前にこの記事を読んで参考にしてみてください。